東京都中野区役所様 導入事例

待ち時間を有意義に過ごしていただくために、窓口の混雑緩和を目指して

お客様企業名 東京都中野区役所
業種 自治体
導入機種 MSボイスコールNEXT

東京23区の西部に位置し、人口約33万人を擁する中野区役所様。
毎年繁忙期の3月、4月に混雑する窓口業務を平日5日間にならし、来庁者が庁舎にいる時間をできるだけ短く、待ち時間を有意義に過ごしていただくため、戸籍住民窓口の混雑緩和を目的に検討を行った。
繁忙期は窓口が混雑し、対応まで1時間以上来庁者を待たせてしまうこともあり、苦情になることもあった。
また処理時間の異なるいくつかの業務を同じ窓口で行っていたため、処理時間が短い手続きの来庁者も待たせてしまっていた。

MSボイスコールNEXTの導入後、同じ窓口で行っていた業務を別の窓口として分けることにより手続きの処理時間が違う業務の時間短縮が目に見えてわかるようになった。また区役所のHP上に混雑状況を配信をし、来庁者自身で混雑状況を確認し来庁するタイミングを決められるため混雑緩和につながっている。

導入する際に、統計機能を充実させ窓口ごとの受付から処理が終わるまでの時間、発券してからお客様が呼び出されるまでの時間などを細かく細分化し集計をとることで、職員のサービス向上も図っている。